僕が頑張れって言わない理由

今月もいろんなことがあったのですが、

ふと思ったことを書きたいと思います。

実は僕、八田政樹は「頑張れ」って、他人にはあんまり言わないんです。

スポーツとか見てて応援してる選手には無意識に「頑張れ」なんて使うけど、

基本的に、他人には「頑張れ」とは言いません。

自分自身が踏ん張りたいときには「頑張れ!俺!」なんてよく使うけど。

でも他人に言うのってどうなんだ?

事件にあった人、災害にあった人とかに「頑張れ」なんて気安く言うのは

ちょっと他人事すぎないかな。

この時の「頑張れ」ほど相手にプレッシャーを与えるものはないし、

無責任な言葉だなぁって思う。

言われた方は「努力が足りないのかな」って思っちゃうと思うし。

そんなこと思いましたね。